2013年12月09日

チョウゲンボウ

かなり遠くて逆光に近く、スコープで見ている人も、チョウゲンボウなのか、コチョウゲンボウなのかがわからずにいました。
写真を見ても、当然ながらわかりません。
2013-12-08_096.jpg (1)
飛ぶのを待ちました。
  ・
  ・
飛びましたがもっと遠くなり、ピン甘どころかピンボケですが、尾羽の模様が先端に近い部分に1本の黒い帯だけなので、チョウゲンボウです。
2013-12-08_101.jpg (2)
2013-12-08_102.jpg (3)
2013-12-08_107.jpg (4)
2013-12-08_111.jpg (5)
2013-12-08_115.jpg (6)
3時間半後、最初の場所の近くで、今度は迷うことなくチョウゲンボウがホバリング。
2013-12-08_462.jpg (7)
2013-12-08_479.jpg (8)
2013-12-08_512.jpg (9)
2013-12-08_514.jpg (10)
2013-12-08_522.jpg (11)
2013-12-08_524.jpg (12)
2013-12-08_525.jpg (13)

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF


posted by CatBear at 21:25| Comment(2) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
チョウゲンボウは尾羽の黒い帯と、
涙の後のような眼の黒い羽を覚えておくといいですね。
この鳥は猛禽類では小型の方ですか?
Posted by nampoo at 2013年12月09日 22:03
こんばんは nampooさん。
チョウゲンボウとコチョウゲンボウ♀を識別するのは、尾羽の黒っぽい帯の数が、チョウゲンボウ:1本 コチョウゲンボウ:6本がわかり易いと思います。
ただ、水平飛行しているときは、尾羽は開きませんから、これだけではムリですね。
大きさは、キジバトよりちょっと大きいチョウゲンボウと、ちょっと小さいくらいのコチョウゲンボウですが、飛んでいるときに大きさを見定めるのは、当てになりません。

私は、「ワシタカ類飛翔ハンドブック」をいつも持ち歩いています。
Posted by CatBear at 2013年12月10日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。