2013年03月20日

部分白化のオオジュリン

見た感じは、まるで別の種のようですが、オオジュリンの部分白化した個体です。
足や嘴の色は普通で、全体的にはかなり目立つはずですが、探すとなると一苦労。
2013-03-20_281.jpg (1)
2013-03-20_285.jpg (2)
2013-03-20_294.jpg (3)
2013-03-20_312.jpg (4)
2013-03-20_357.jpg (5)
オオジュリンですから、こういう場所がほとんどで、全身が見えることは運次第。
茎が密集している低い位置で、虫を獲っていることが多かったように思います。
用心深いのか、たまたまそうだったのかはわかりませんが。
2013-03-20_403.jpg (6)
2013-03-20_417.jpg (7)
2013-03-20_489.jpg (8)
2013-03-20_498.jpg (9)
2013-03-20_505.jpg (10)
2/28に撮った普通のオオジュリンはこんな感じ オオジュリン・ニュウナイスズメ

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF


posted by CatBear at 21:05| Comment(2) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白化したオオジュウリン、とても珍しいんでしょう。
白化した鳥は目立って、
外敵に狙われやすくて長生きできないと聞いたことがあります。
どうか長生きして欲しいですねえ。
Posted by nampoo at 2013年03月20日 23:16
おはようございます nampooさん。
白化した鳥を、実際見たのは初めてでした。
狙われやすいというのは、本当でしょうね〜
ただ、普通のオオジュリンよりも、地面に近い、茎が密集したところで餌の虫を捕っていたように思いました。
用心深くなっているのかもしれません。
天寿を全うできればいいですね。
Posted by CatBear at 2013年03月21日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。