2013年01月27日

コクマルガラス(淡色型)

今日の天気予報は朝から晴れだったのに、なかなか明るくなりません。
これじゃ、空を背景に飛び物はムリだな〜と、地上戦に作戦変更。

コクマルガラスの淡色型がいました。
ビニールハウスのパイプの隙間から見える2羽目の、白黒の個体がそうです。
以前、飛んでいるところは撮りましたが、静止している姿は今季初めて♪
2013-01-27_032.jpg (1)
反対側に出てくるのを待ちました。
2013-01-27_076.jpg (2)
パイプの上では全身は見えないので、隣の何もない区画に下りてくるのを、ひたすら待機。
下りては来ましたが、この区画の反対側で約90mあるので、1000x750で切り出して、800x600に縮小。
2013-01-27_119.jpg (3)
2013-01-27_122.jpg (4)
2013-01-27_124.jpg (5)
左はミヤマガラスで、右のコクマルガラスは小さいです。ミヤマガラスも、ハシボソガラスとかと比べると、一回り以上小さいんですから、コクマルガラスが、如何に小型なのかがわかります。
2013-01-27_149.jpg (6)
ここにいたのは、ほとんどがミヤマガラスで、コクマルガラスは20羽弱。
2013-01-27_167.jpg (7)
2013-01-27_186.jpg (8)
同じコクマルガラス同士。左が圧倒的に多い暗色型。
これ以降は1.7倍のテレコン使用ですが、1200x900にて切り出しなので、400mmのときと同じくらいの大きさになりました。
2013-01-27_229.jpg (9)
車が通ったので、みんなハウスのフレームに避難。
コクマルガラスやミヤマガラスはかなり警戒心が強いので、車でも50m以内に近づくのはムリ。
2013-01-27_246.jpg (10)
しばらくすると、下り始めました。
2013-01-27_249.jpg (11)
2013-01-27_253.jpg (12)
2013-01-27_257.jpg (13)
これが、コクマルガラスが最接近してくれた時。それでも80mくらいです。
2013-01-27_455.jpg (14)
2013-01-27_481.jpg (15)
2013-01-27_486.jpg (16)
コクマルガラスだけが一斉に飛び立ち、幹線道路の向こう…かなり遠くの方へ飛び去りました。
ミヤマガラスと一緒に行動しているものと、思っていましたが、常にそうとは限らないようです。
次から次へと頻繁に移動するし、探せそうもないので、これにてコクマルガラス撮影会の終了。

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF
      + F AFアダプター 1.7(9〜16枚目)


posted by CatBear at 22:01| Comment(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。