2012年04月20日

サンカノゴイの大物漁

2012/3/19に、当県では11年ぶりに見つかったサンカノゴイ、3/203/22に撮りましたが、その後も滞在し続けていました。
渡りの途中でちょっと立ち寄ったのではなく、ここで越冬していたのかもしれません。

何度か見に行きましたが、4、5時間待っても姿を見せないときが多く、2012/4/8にやっと魚を捕らえる瞬間を撮ることができました。
やっと繁殖地へ向かって飛び立ったので、遅ればせながら公開です。

葦の陰に潜んでいたサンカノゴイが、警戒しつつも姿を現しました。
2012-04-08_024.jpg (1)
2012-04-08_053.jpg (2)
2012-04-08_062.jpg (3)
2012-04-08_063.jpg (4)
2012-04-08_072.jpg (5)
2012-04-08_082.jpg (6)
2012-04-08_096.jpg (7)
2012-04-08_101.jpg (8)
2012-04-08_128.jpg (9)
ここまで来るのに7分ちょっとかかっています。
葦の隙間から、辺りの様子をうかがっていました。
2012-04-08_151.jpg (10)
再び出てきたのは12分後。
2012-04-08_155.jpg (11)
2012-04-08_164.jpg (12)
2012-04-08_194.jpg (13)
2012-04-08_232.jpg (14)
2012-04-08_238.jpg (15)
2012-04-08_240.jpg (16)
2012-04-08_278.jpg (17)
2012-04-08_282.jpg (18)
2012-04-08_286.jpg (19)
2012-04-08_287.jpg (20)
2012-04-08_314.jpg (21)
2012-04-08_316.jpg (22)
2012-04-08_338.jpg (23)
2012-04-08_363.jpg (24)
2012-04-08_381.jpg (25)
魚は獲れず、また葦の中に向かいました。
2012-04-08_390.jpg (26)
2012-04-08_396.jpg (27)
葦の中をジワジワと動くのはどうにか見えましたが、大きな変化はありません。
10分後、いきなり首をグーっと伸ばしました!こういうときの動きは素早いんです。
2012-04-08_410.jpg (28)
魚を捕りました!
2012-04-08_416.jpg (29)
かなりでかいです♪
2012-04-08_422.jpg (30)
2012-04-08_423.jpg (31)
2012-04-08_425.jpg (32)
魚をくわえたまま、奥へ引っ込んでいきます。
2012-04-08_427.jpg (33)
姿が見えなくなったので、撮影終了。
別のときに目撃した人の話しだと、魚は丸呑みではなく嘴でちぎって食べていたそうです。
サンカノゴイは、このくらいの大きさの魚を、1日に3回くらい捕っていたそうなので、越冬しているときに食べ物には困らなかったでしょうね。

今度の秋に、また来てくれるか楽しみです♪

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF


posted by CatBear at 10:25| Comment(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。